【7】池袋「かぶと」〜超予約困難!天然と養殖の食べ比べ〜

池袋の「かぶと」さんです。(池袋駅西口 徒歩数分)

会員制ではありませんが、超予約困難。

食べログの鰻部門一位のお店です。

 池袋「かぶと」の特徴 

○食べログ鰻部門1位。
○裂きたて焼きたて。
○鰻の全身を食べることができる。
○天然と養殖の食べ比べをすることができる。(天然は5月〜12月)

「かぶと」さんはほぼ毎月お邪魔していますが、毎回感動がありめちゃめちゃ美味しい!

今回も予約の空きをたまたま見つけて滑り込みしてきました!

ちなみに現在の予約方法はOMAKSEのみ。昔は1年半待ちだったことを考えるとかなり予約が取りやすくなりました。

今回ももちろん「天然と養殖の食べ比べ」。

ちなみに、一見さんは天然鰻は出てきませんので注意してください。

(一見さんはまずはかぶとの養殖鰻を食べてもらい「かぶと式」の鰻コースを味わってもらうことがスタートです。でないと、色々初めてだらけできっと戸惑ってしまうと思います。)

もちろん養殖鰻も「裂きたて」「焼き立て」で、そこら辺の鰻屋のものとは別物なので満足すること間違いなしですが、僕と個人的なつながりがある人は僕を同席させてくれれば天然鰻と養殖鰻の食べ比べができると思いますので、ぜひ誘ってください!(便乗!笑)

まずはビールとお通し。

まずはこれらでゆっくり待ちましょう!

この間に「お豆腐(池袋大桃豆腐使用)」「漬物(ぬか漬け)」の注文確認がきます!

僕は必ず両方いただきます。食が細い方でもお豆腐はオススメですね!

とても美味しいのでぜひ食べてみてください!

大桃豆腐の詳細をもっと知りたい方は以下の記事を御覧ください。

そうこうしている間に「対馬の藻塩」とセットで「大桃豆腐」が登場!

今回は寄せ豆腐ですね。時期によって「絹豆腐」のときもあります。

そして鰻コースのスタートです。

一品目は「鰻の頭を焼いたえり焼き」を関東風と関西風でいただきます。

「えり焼き」は鰻の頭の固い部分を除いたものです。

ちなみに「関東風」と「関西風」の2種類出たのか意味があるのですが、それは行った人の楽しみ!

ここではネタバレは敢えてやめておきます(笑)

お酒は長野の「大信州」

個人的に応援団なので、大信州がある日は必ず飲みます!

二品目は「ひれ焼き」。

尻尾、腹びれ、背びれを巻いたもので鰻で一番美味しい部分と言っていました!

味わいもあり、ジューシーさもあります!

三品目「肝焼」です。

鰻の内蔵ですね!これは鰻を大量に使っているので「かぶと」以外では普通食べれないと思います。

そうこうしているうちに2種類目の「大信州」そしてこだわりの「ぬか漬け」が登場です!

野菜も無農薬あるいは農薬をできる限り使っていないものに拘っています。

ぬか漬けもめちゃめちゃ美味しいのでオススメ!

四品目「串巻き」

鰻のお腹の部分(ハラミ)です。

脂がたくさん乗った部位ですね!

これで養殖鰻の串は終了です。ちなみに串はまだまだ続きます!

次はお待ちかね。天然の串です。

その前に、今回はスペシャルな日本酒が。。。

四谷三丁目の某有名店(このブログでもそのお店を取り上げますのでぜひ探してみてください!)のTさんが選んだスペシャルが置いてあるという噂が。。。せっかくなのでこれもいただいちゃいました!!!

五品目は「天然鰻のえり焼き」。そして六品目は「天然鰻の肝焼き」です。

こうやって食べ比べると「天然鰻と養殖鰻」の違いが分かるような気がします。

もちろん、個体差もあるのでどちらが良いかはその時によって違います

七品目は「天然鰻のバラ身(中落ち)」と八品目は「天然鰻のヒレ焼き」

今日はいつもよりたくさん天然の串をいただいている気がします。

ようやくこれで串は終了!次はお待ちかね白焼き、蒲焼きへと続きます!

まずは九品目は「白焼き」

養殖鰻

天然鰻

お酒は「むすび」をチョイス!

これまた個体差があるので一概には言えませんが、天然の方が「皮がパリっ」としていて、「身がエネルギッシュ」なことが多いです!(抽象表現過ぎてよく分からないですよね!笑)

そして十品目で「蒲焼き」!上段が天然鰻、下段が養殖鰻です。

なんだかんだいってこの瞬間が好き!

タレをシミシミした鰻!これが一番至福です!

これには「ご飯」「肝吸い」と併せていただきます。

めちゃめちゃ美味しい!!

今後もまた予約への挑戦が始まります!!

今回も至福の時間ありがとうございました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする