【22】下落合「伊良コーラ」〜100年以上前のレシピに基づいたクラフトコーラ〜

下落合の「伊良(いよし)コーラ」です。

100年以上前のオリジナルレシピに基づいたクラフトコーラで、「コーラの実」、「カルダモン」、「ナツメグ」などを調合し東京で作られています。

何かのきかっけで知った瞬間、「それは飲んだことない!」と思い、即日お取り寄せ。

味はスパイスに似たどこか懐かしい甘い味。

一緒に説明文も入っていました。

100年前のレシピを基にした生のクラフトコーラ

「伊良コーラ(いよしコーラ)は、100年以上も前のオリジナルコーラレシピに基づいて作られた、生のクラフトコーラです。そもそもコーラの語源は西アフリカ原産の植物「コカの木」から由来しています。「伊良コーラ」はこのコカの木の果実であるコーラナッツや、カルダモンやナツメグなどの10種類以上のスパイスが効いたやさしいフレーバーをしています。「伊良コーラ」の代表を務める「コーラ小林」の祖父、伊藤良太郎は和漢方職人でした。彼が昭和29年に開業した和漢方工場の名は「伊良葯工(いよしやっこう)」。今は亡き伊藤良太郎の魂を受け継ぎ、「伊良コーラ」は誕生しました。「コーラ小林」は大好きなコーラに、祖父から授かった調合技術のエッセンスという宝物を注入し、この手で次代に残していきたいと思っています。ロゴのモチーフになっているカワセミは英語でking fisherと呼ばれ、水中に飛び込んで魚を捉えることで知られています。空を飛びまわる鳥が、アウェーな環境である水中に自ら飛び込み、魚を捉えること。コーラはクラフト(手作り)できないものだという常識や既成概念へ挑戦していく、この意味を込めてカワセミをモチーフに選びました。伊良コーラに出会った人が、その惜しいさと手作りである事実に驚き、世界を見る目が少しでも変わったり、ちょっとだけハッピーになったりして、世界がちょっどだけ良くなったら幸せです。(原文まま)

まだまだ知らないものがたくさんあります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする