【29】住所非公開「誦月」〜素敵すぎる「日本酒×肉×スパイス」のマリアージュ〜

住所非公開「誦月(しょうげつ)」です。

住所、電話番号非公開。完全会員制のお店です。

会員制の六花界系列「吟花」の元女将が営む絶品スパイスと肉の店で、9月に下北沢から移転しました。

移転後は月ごとにお酒のテーマを設けるようで、9月、10月は「岐阜のお酒」

一発目は、女将の地元岐阜のお酒がテーマです!!

外観。

知らないと絶対分からないです。

住宅街の中、外で待っている我々。完全不審者(笑)

席はこんな感じ。

まず始めに炭火でじっくりと飛騨牛を焼き始めます。

本日はA4ランクのお肉。A5よりも脂が少なく日本酒に向いているとか。

他の料理を食べている間にこのお肉が焼けるという趣向です。

一品目は岐阜の郷土料理から。

・鶏ちゃん(けいちゃん)
・菊芋
・しめ鯖の朴葉寿司

そしてお肉の焼き加減を都度確認し、

二品目は吟花時代から出しているという「ハツ」をその場で捌いてお刺身に。そして「牛刺し」も。

牛刺しは常温で脂が溶けるので二枚目は少し時間をおいてからいただきます。

三品目は「牛ほほ肉の煮込み」

八角等のスパイスで煮込んだほほ肉はお箸で食べることができるぐらいの柔らかさです。

四品目は「岐阜のボーノポーク」

名前は「イタリア語(ボーノ)」と「英語(ポーク)」を組み合わせていてちょっとダサい(笑い)

でも味はピカイチ!

じっくり低温で3時間ほど焼いたというこのお肉はとても柔らかく脂がめちゃくちゃ美味しい!

そろそろ焼けたので

待ちに待った炭火焼きのスライス!

五品目は「飛騨牛のローストビーフ」ですね。

これまた絶品!

そして六品目、七品目は誦月の看板メニュー!

捨てられてしまう酒粕を「なんとかしよう!!」という女将の素敵な心意気で生まれた

・酒粕カレー
・酒粕チーズケーキ

カレーには先程のローストビーフを乗せたりしていただきます。

最後に本日飲んだ岐阜のお酒のラインナップ

全部で6本。

最後のデザート以外の全てにマリアージュしていただきました!

個人的に店主美樹さんのスパイスの使い方、味付け、日本酒とのマリアージュはかなり好み。

そして、お酒、お料理ともに絶妙のタイミングで出され、手持ち無沙汰な時間が全くないのが凄いですよね。

いつも「頭の良い人なんだな〜」と計算しつくされたサーブの動きにも感動しています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする