【41】新宿「上海小吃」〜上海蟹を格安で食べることができる穴場のお店〜

新宿「上海小吃」です。

このお店はこの時期に上海蟹が格安で食べることができる知る人ぞ知るお店です。

 「上海小吃」の特徴 

○新宿のコマ劇場近くにある知る人ぞ知る名店。
○外観はめちゃめちゃ怪しい。
○日本語が喋れない店員さんも多い。

※残念ながら、このご時世でも「喫煙可」のようです。ですので、そこは承知で行ってください。

あとは、上海蟹を食べる場合はウェットティッシュが必須かもしれません!僕はいつも持参しています。

来ました上海蟹の季節!!

上海蟹は、一般的に10月・11月はメス。その後はメスの味が落ちオスが美味しくなります!

なのでメスはそろそろ終わりかけなんですが、そろそろ上海蟹巡りをします!!!

まず目をつけたのが高田馬場の「餃子荘ムロ」

https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13019237/

ここは餃子屋ですが、予約しておくと上海蟹を格安で出していただけるお店です。

だがだが電話してみたところ、「もうやらないんです」の一言。

ガーン!!!

ということでもう一つの候補である「上海小吃」に行ってまいりました!

外観はめちゃめちゃ怪しいです(笑)

しかも新宿の裏。

初めて行ったときは「本当にココ入って大丈夫か!?」と思ったほど!

でもココに入らないと入口見えてきません。

恐る恐る。。。

そして到着!!

ちなみにココのお店、上海蟹が格安!

その代わり自分で剥いてねというスタイルです。

値段は

○酔っぱらい上海蟹:(小)1,500円、(大)1,800円
○蒸し上海蟹:(小)1,800円、(大)2,500円
○上海蟹の甘煮:二匹2,800円から

でいただけます。

あとはウェットティッシュ持参必須です(笑)

手が凄いことになります!

一品目は「干し豆腐」

まずは上海蟹の前に前菜いただきます。

僕「干豆腐」好きなんですよね〜。

ここは具が何も入っていないシンプルなタイプ。

でも味はしっかりしています!

そして待ちにまった上海蟹。

二品目、まずは「酔っぱらい上海蟹」

上海蟹の紹興酒漬けからいただきます。

見てください!この断面!めちゃくちゃ美味しそう!!

それをチュルっといただきます!

ねっとりウマ〜!!

蟹ハサミとかの道具も欲しい(汗)

もちろん蒸しもいただきます!

三品目は「蒸し上海蟹」

もちろんオスとメスの両方いただきますよ!

この時期はやはり濃厚なオスが美味しかったです!!

やはりこれも安定の旨さ!

四品目は壁に「名物」として貼ってあった「イシモチの揚げ物」

所謂魚の素揚げです!

頭から丸ごとサクサク!これもまた美味しいですね!

五品目は「豆苗炒め」

これは説明不要の定番メニューですね。

やはり野菜が欲しくなります(笑)

そんなときにピッタリな、ハズレのない美味しさです。

そして六品目は豆苗炒めを注文したときに勧められた「揚げパン」

これが思いの外、美味しい!!

絶対頼んだほうが良いですよ!コレは!

七品目「麻婆豆腐」と八品目「エビチリ」です。

エビチリかなり好みです。ケチャップ感がある味付けなのですが病みつきになってしまいました!

めちゃめちゃ美味しかったのですが、実は「喫煙可」のお店でした。

途中から喫煙者がいてちょっと失敗。。。

ずっと通っていましたが、今まで喫煙者と鉢合わせたことがなかったので「喫煙可」とは全く知らなかったです。

美味しいですが、タバコ嫌いの僕としてはちょっと辛かった。

禁煙化されるともっと伺いますが、とりあえずは様子見です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする