【60】恵比寿「 ペレグリーノ (PELLEGRINO)」〜【part2】第一部:季節のコース〜

前回に引き続き、恵比寿「ペレグリーノ」です。

今回はコースの紹介。

ペレグリーノのコースは、二部構成で、第一部は「季節のコース」、第二部は「生ハムのコース」となっています。

時間的には大体5時間かけて、ゆっくり時間をかけて食事をします。

今回は第一部「季節のコース」の紹介。

○一品目「長野県 儀太郎軍鶏(ギタロウシャモ)のスープ」

水と軍鶏を20時間、沸騰しないように煮た一品。

味付けは塩とワインの吹付けのみとのこと。

最初から思わず言葉を失うほどの美味しさで、手間をかけた一品。

○二品目「長崎県対馬産穴子のアルフォルノ サルサベルデ添え」

穴子の「アルフォルノ(オーブン焼き)」です。

ソースはイタリアでよくある「サルサベルデ(パセリやアンチョビから作るソース)」です。

兎に角、見た目がおしゃれすぎて言葉を失ってばかりです。

味もかなり繊細。今までの穴子とは全く別物でした。

○三品目「ミル貝とポレンタ」

ポレンタは北イタリアの料理で、トウモロコシを焦げ付かないように煮た料理とのこと。それにミル貝が乗っかっています。

聞いたことない料理方法ばかりでここで2度めのフリーズ(笑)

○四品目「ぼたん海老とアーティチョーク」

調理方法はもはや聞き取れず(知識不足ですみません。。。)

ボタンエビにアーティチョーク等が添えられています。

○五品目「サワラ炙り」

イタリア農園からのお野菜、天草産の剥きたての赤ウニが添えられています。

しかもこのウニ凄いです。木箱に入れると木の匂いがつくため、木箱には入れずに送ってくるという拘りよう。味も別格です!

六品目「フレッシュポルチーニのロースト」

今年はフレッシュポルチーニの量が取れず少量をロースト。

これが僕の初フレッシュポルチーニ(笑)

七品目「熟成ハタの蒸し物ボロネギ添え」

八品目は発酵バターを使った「ブーロェパルミジャーノ」です。

パスタは手打ち。

美味しいものを追求し続けたら最終的に行き着いたのが「手打ち」とのこと。

その場で打って、提供してくれました。

これでようやく第一部が終了!

この後は第二部「生ハムコース」です♫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする